OUR STYLE

ROCKBIKESの流儀
申し訳無い話だが、ROCKBIKESを開発する時に先ず最初に考えるのは、自分が欲しい自転車であってマーケットが欲しがる自転車では無い。

そもそも業界大手の前職から独立してROCKBIKESを立ち上げたのは、自分の理想のカタチを求めると自分でメーカーをやるしか無かった訳であって、今更マーケット・インの製品を作る気にもならないのである。

創りたいのは、上質さと色気が同居する、目立ってなんぼのグラマラスな自転車。そして目立ち方にも、当然メソッドがある。
一般的なバイクデザインは物ありきで考えられている為、物だけが目につく。しかし真にカッコいいモノは、人を引き立たせる機能も持っている。この考えの基でデザインされるROCKBIKESのデザインは、常に人と共にあり、ROCKBIKESがアナタの人生を輝かせるワケはここにあるのだ。

そして、その目立ってなんぼのバイクが、すぐに劣化するのも味気ない。
必要なのは基準値の底上げで、周りは剛性が何%増えただの、振動吸収性がどうだのと声高に叫ぶが、そんな事には興味が無い。
自分が惚れたモノを永く楽しむ為に必要な最低限のモノゴトはROCKBIKESに詰まっている。

ROCKBIKESのユーザーには色んな人がいて、他の誰も乗っていないカスタムチャリに乗って他の誰も真似できない人生を送ってる人もいれば、あえてのノーマル風でのんびりと味わってる上品な人もいる。
最近では所謂レーシングバイクを所有していながら、リラックスして乗るのにROCKBIKES ENVYを購入し、そこからROCKBIKES DEUCEの虜になっている人も。
本末転倒ではある。
しかし、唯一無二の最上級がROCKBIKESで、その個性的で圧倒的な魅力は一度乗ってしまうと脳裏から離れなくなるのである。